『企業家研究フォーラム』2015年度年次大会

2015年7月18日(土)・19日(日)

大阪大学中之島センター
 プログラムダウンロード(PDF形式:閲覧にはAcrobat Readerが必要です


2015年7月18日(土)
 13:00~ 受付開始 (3F)
 13:30~16:50 自由論題報告
 17:00~18:10 総会 (3階 304)
 18:20~19:40 懇親会 (9F 交流サロン)
2015年7月19日(日)
 9:10~ 受付開始 (3F)
 9:40~11:50 自由論題報告
 13:15~16:45 共通論題「地域名門企業の経営革新:セーレン(株)を中心として」

2015年7月18日(土)
自由論題報告
 第1会場(3階 304)
(司会)上智大学  山田 幸三
 13:30~14:15 「社内ベンチャーの自律性の働きとエグジット過程」
  大阪市立大学(院) 植田 祐紀
 14:20~15:05 「起業過程における「強い紐帯」の役割」
   長崎大学 林 徹
 15:10~15:55 「地域水産業におけるBG企業の発生とエフェクチュエーション」
  東京経済大学 山本 聡
  (司会)大阪大学 宮本 又郎
 16:05~16:50 「地域社会における企業家の育成とガバナンス」
  甲南大学 加護野 忠男
 第2会場(3階 302)
(司会)静岡文化芸術大学 曽根 秀一
 13:30~14:15 「後継者の配置と自律性-長寿ファミリー企業の事業承継事例-」
  日本経済大学 落合 康裕
 14:20~15:05 「中小企業の非親族承継における個人保証の効用の研究」
  嘉悦大学(院) 津島 晃一
 15:10~15:55 「企業家たちの次世代塾-大阪倶楽部100余年」
  大阪大学(院) 坂根 直樹
 第3会場(3階 303)
(司会)東京大学 粕谷 誠
 13:30~14:15 「大原孫三郎と原澄治にみる経営者の社会的責任-明治末期・大正期-」
  早稲田大学 原 武治
 14:20~15:05 「池田成彬の経営観と三井「改革」の実相」
  学習院大学 堀 峰生   
 15:10~15:55 「戦間期福井の絹織物企業-勝山機業兄弟合資会社の経験」
  東京大学(院) 宝利 ひとみ 
総会 (3階 304) 17:00~18:10
報告事項    ①一般会務報告 ②「企業家研究フォーラム賞」事業報告 ③編集委員会報告
 ④学会制度委員会報告 ⑤「講座・企業家学」委員会報告 ⑥その他
審議事項    ①2014年度決算(案) ②2015年度予算(案)  ③会則の変更  ④役員の改選  ⑤その他
懇親会 (9階 交流サロン) 18:20~19:40

2015年7月19日(日)
自由論題報告
 第1会場(3階 304)
(司会)甲南大学 加護野 忠男
 9:40~10:10 「松下幸之助と稲盛和夫に学ぶ」
  パナソニック株式会社  徳永 幸彦 
 10:15~10:45 「商業教育のなかの倫理教育-神戸高等商業学校の事例を中心に-」
  高崎経済大学 井上 真由美
 11:05~11:50 「阪和興業と創業者・北 二郎」
    大阪大学 宮本 又郎
 第2会場(3階 302)
(司会)神戸大学 原 拓志
 9:40~10:10 「『孫子』の実践-タビオ創業者、越智直正の場合-」
  タビオ株式会社 平野 満義
 10:15~11:00 「神戸港における港湾インフラ整備の展開と利用実態-戦間期を中心に-」
  立教大学 三鍋 太朗
 11:05~11:50 「地場産業を維持する仕組み~神戸洋菓子産業の事例より」
    大手前大学 森元 伸枝
11:50~13:15 昼休み
共通論題 (10F 佐治敬三メモリアルホール) 13:15~16:45
 「地域名門企業の経営革新:セーレン㈱を中心として」
    名門企業の変革は難しい。名門が、名門であるゆえんは、事業目的とそれを実現する手段が明確に設定され、それがある種の「型」となっている点にある。さらに多くの場合、長い歴史のなかで、固有の企業文化が形成されて いる。ところが、一旦、目的=手段関係が固定されると、人々の認識は制約され、他の目的=手段関係では情報となり得ることが、耳に入らない可能性がある。また、ある企業文化にもとづく価値観が絶対的になったとき、結果を度外視して、行為そのものが絶対的価値を持つことがあり得る。その結果、組織内部の人々にとっては常識であり、合理的と見なされることが、外部から見れば奇妙であり、非合理的であるという現象が生じる。しかし内部の人々は、ある一定の目的や価値観にもとづいて誠実に行動しているため、その枠内においては目的を達成でき、行動様式を自ら変える必要を感じない。かくして名門企業は、過去の成功体験にもとづいて形成された「型」と文化を固守するに至り、変革を忌避するようになる。そしてその傾向は、仕切られた競争空間で成長してきた地域名門企業に、より顕著に現れるだろう。

  このシンポジウムでは、絹織物の精練業に端を発し、125年にわたり福井県に拠点を置き続けてきた総合繊維メーカーであるセーレン株式会社を中心的な事例として、地域名門企業の経営革新と企業家との関係について考える。同社の企業変革の歴史を通して、企業が外部環境の変化に応じて、自らを変革し続けるために必要となる諸要素を探っていきたい。
 
 問題提起 「『内なるアウトサイダー』をもとめて」
東京大学   中村 尚史
 基調報告 「セーレンの現在」
セーレン(株)代表取締役会長 川田 達男
 報告 「名門企業の形成と「発展」-福井県精練加工からセーレンへ-」
神戸大学   橋野 知子
 報告 「経営改革が導いた技術革新-新技術ビスコテックスの事業化過程-」
南山大学   中島 裕喜
 報告 「生産システムの戦略適応-「整流生産管理」の導入過程-」
香川大学   青木 宏之
 コメント 「経営学の立場から」
  福井県立大学   山路 直人
 パネルディスカッション
 司 会  大阪大学名誉教授    宮本 又郎
*アフターセッション用に、別途会場をご用意いたしております。ご利用ください。
*7月18日の懇親会は、9階の交流サロンで開催いたします。
*7月19日共通論題報告の会場は、10階佐治敬三メモリアルホールです。


※発表者の順番・会場・スケジュール等は変更する可能性もありますので、予めご了承ください。