アーカイヴ:『企業家研究フォーラム』2021年度年次大会
2021年7月10日(土)・11日(日)

オンライン開催
大会プログラム(PDF)
※申込方法は,Newsletterでご案内しています。
届いていない場合は,事務局(museum4@osaka.cci.or.jp)にお問い合わせください。

2021年7月10日(土)
自由論題報告
 オンライン会場A
(司会) 大阪経済大学 江島由裕
 13:30~14:00 「ベンチャー企業のIPOとM&Aに係るシステマティックレビュー」
  大阪市立大学(院) 森口文博
 14:05~14:50 「Venture capital investment and new-firm performance: Does VC investor type matter?」
  関西学院大学 加藤雅俊
  慶應義塾大学(院) 吉田大喜
 14:55~15:25 「新規株式公開企業におけるストック・オプションの役割に関する実証研究」
    県立広島大学 高橋陽二
   (司会) 武蔵大学 高橋徳行
 15:45~16:30 「コロナ禍の下での飲食・娯楽業の廃業要因:消費者心理の影響」
  一橋大学 岡室博之
  一橋大学 原  泰史
  帝国データバンク・一橋大学 岩城裕之介
 16:35~17:05 「COVID-19の女性の企業家活動への影響」
    専修大学 鹿住 倫世
 オンライン会場B
(司会) 横浜国立大学 真鍋誠司
 13:30~14:00 「後継者なくして事業成功なし-小さな息子が事業業績に与える影響」
  明治学院大学 児玉直美
 14:05~14:50 「創業者のアイデンティティの進化とアントレプレナーシップ」
  高知工科大学 石谷康人
 14:55~15:40 「若手伝統文化専門職のキャリア形成と企業家活動-専門職の連携による新規企画事業-」
  近畿大学 西尾久美子
   (司会) 日本大学 兒玉公一郎
 15:45~16:15 「インテリジェンスを活用した経営-企業内研究組織の新しい役割-」
    ㈱荏原製作所 立澤知子
 16:35~17:05 「共生社会実現に向けた企業の障がい者雇用への取り組み」
    東京ガスリビングホールディングス㈱ 津賀正晶
 オンライン会場C
(司会) 大阪市立大学 山田仁一郎
 13:30~14:00 (この会場での報告はありません)
   
 14:05~14:50 「起業家的自己効力感の先行因子ー動物病院の獣医師の探索的研究ー」
  東洋大学(院)修了 髙山智司
  東洋大学 山本 聡
 14:55~15:25 「中小企業診断士によるエフェクチュエーションの導入研究」
    京都大学 高瀬 進
  中小企業診断士 実践イノベーション研究会 上野浩二 ・ 山崎 研
   (司会) 関西大学 藤岡里圭
 15:45~16:30 「戦前期シアトルの日系移民社会と企業家活動:古屋政次郎の事例」
    東京大学(院) 出雲勇一郎
 16:35~17:05 「マーケティング概念不在時代の日本企業のマーケティング戦略」
    神戸大学(院) 杉林弘仁
 総会会場 17:20~18:20
報告事項 ①編集委員会報告  ②企画委員会報告  ③学会賞委員会報告報  ④総務委員会報告  ⑤その他
協議事項 ①2021年度アントレプレナーシップ・コンファレンスについて ②2021年度冬季部会大会について
③2020年度決算(案)   ④役員の改選  ⑤2021年度予算(案)・事業計画(案)  ⑥その他

2021年7月11日(日)
自由論題報告
 オンライン会場A
(司会) 東京大学 中村尚史
 9:50~10:20 「渋沢栄一への社会的注目を通じて企業家研究は何を考えるべきか」
  文京学院大学 島田昌和
 10:25~11:10 「渋沢栄一の追求する公益とは何か」
  関西大学 木村昌人
 11:15~11:45 (この会場での報告はありません)
    
 オンライン会場B
(司会) 成城大学 平野 創
 9:50~10:20 「食で健康を届ける農業の高付加価値化戦略:「目利き」の役割」
  田辺三菱製薬㈱ 梅田幸子
 10:25~11:10 「カーボンニュートラル2050とエネルギー産業」
  国際大学 橘川武郎
 11:15~11:45 (この会場での報告はありません)
  
 オンライン会場C
(司会) 関西大学 西村 成弘
 9:50~10:20 「立石電機の成長を支えた理念の形成過程」
  甲南大学(院) 須本隆雄
 10:25~11:10 「IEOと従業員のパフォーマンス・テレワークの観点から」
  東洋大学  山本 聡
  福岡女学院大学 藤村まこと
 11:15~11:45 「経営者の認知能力に関する学際的知見:事例研究からの示唆」
    名古屋大学(院) 横山信吾
昼休み 11:45~13:15
共通論題会場 13:15~16:45
 「地域創生と企業家活動」
  • 地方の人口減少を食い止め、持続可能な地域経済を形成して活力を維持する「地方創生」は日本社会の主要な課題の1つであり、2014年に「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」が閣議決定されて最初の節目を迎えている。「地方創生」は単なる地域振興ではなく、自律した持続的社会の創生を目指している。
  • そのためには、「中央」と「地方」との対比で地域を捉え、特定の施策に限定する視点よりも、地域の人々や企業家が主人公となって歴史的、社会的なコンテキストを活かし、「自律した地域を創り出す」という「地域創生」の視点が求められる。
  • 地域の特徴を活かして経済的、社会的価値を創造するには、その主な担い手の地域企業がアントレプレナーシップを発揮し、イノベーション創出の持続的な牽引力となることが求められる。
  • 共通論題では、日本の歴史的経緯を踏まえ、創業支援、ファミリービジネス、地域プラットフォーム、クラウドファンディングの視点から、旧来の制度や仕組みを再構築する企業家活動について考える。
問題提起
  大妻女子大学   山田幸三
 報告1 「創業支援の地域分権化とその効果」
  一橋大学  岡室博之
 報告2 「プラットフォーム概念と地域創生」
    慶應義塾大学  飯盛義徳
 報告3 「地域経営のためのソーシャルファイナンス」
    神戸大学  保田隆明
 報告4 「地域資源としての都市型産業集積—大阪機械工業集積史の視点から」
    立命館大学  田中幹大
 パネル討論および質疑応答
 討論者   大阪市立大学 松永桂子
  東北大学 福嶋路
 司会   東京大学 中村尚史

    過去の研究会・年次大会の記録